炎症とは?

炎症 痛み

セラピストではない患者様にも「炎症」という言葉は通じる事が多いです。しかし、炎症とは何かを具体的に知っている方は少ないのでと思います。炎症を定義すると「組織が何だかの刺激で損傷を受けた際に、損傷が大きくなるのを防ぎ、損傷を受けた箇所の修復などをするために起こる反応」という旨で述べられている本が多いと思います。
要は、炎症は怪我をした身体を治すために必要な反応という事ですね。

炎症を起こすと発赤・腫脹・熱感・疼痛・機能障害の5つの症状が起こると言われています。
それぞれ何故起こす理由は

  • 発赤&熱感:血管が拡張されて血液が増えるから
  • 腫脹:血管透過性(血管外へ白血球などを通りやすくする)が高まるため
  • 疼痛:腫れて内圧が高まる&発痛物質によって痛みに敏感になるため
  • 機能障害:関節などの場合は、痛みや腫れで動かせない

ざっくり説明すると上記のような感じです。

血流が増えると修復するために必要な物質を患部へ運べますし、血管透過性で白血球などが自由に移動できると体内に入った細菌などを駆除しやすくなります。
痛みや機能障害は怪我をしているから動かさずに安静にという身体のサインと捉える事も出来ます。
(余談ですが、急性気管支炎など痛みを感じる神経がない臓器の場合は疼痛は起こらないことがあります。)

捻挫などの怪我では、やった直後より数時間後の方が腫れたり痛みが強くなってきて不安になる方もいらっしゃいますが炎症の反応が進んでいると考えれば自然な事ですし、身体の修復が始まったと考えると良いと思います。

もちろん医療機関で診てもらう事が前提です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。