スタッフ紹介

西村 洋輔

ニシムラ   ヨウスケ

院長

経歴

1982年:福岡県生まれ

2001年:私立 保善高等学校卒業

2006年:食品会社を退職し現業界へ

2010年:関東柔道整復専門学校卒業
柔道整復師免許取得

2020年:DNMJAPAN認定セラピスト取得

2022年:FRP(ファンクショナルローラーピラティス)ベーシックインストラクター取得

趣味:読書・運動(筋トレ・ピラティス)・ゲーム

Profile Picture

食品業界からの転職

社会人として最初に勤務していたのは食品会社でした。
当時は格闘技が好きで、空手道場にも通っていたり格闘技の大会を見に行ったりしていました。
格闘技を通して、人の身体に興味をもちそこから解剖学関連などの本を読んでいて面白いと感じて転職を決意しました。

専門学校へ通いながら勤務

勤めていた食品会社を退職後、柔道整復師の専門学校へ通いながら整骨院とリラクゼーションが併設している院でアルバイトとして勤務していました。
当時は接客経験が殆どなく、大苦戦して周りに迷惑をかけていました。
それでも辛抱強く教えてくださった店長や先輩スタッフには本当に感謝しています。
技術面でも0からのスタートですので周りとの差が大きく、施術が上手くいかない事が多々あり落ち込みながら帰宅したことが何度もあり、その悔しさから学校帰りなどに時間がある時は本屋へ行って何か打開策はないかと専門書を漁っていたりしました。

柔道整復師免許習得

そんな生活を3年間続け、国家試験の直前などは休みを頂きました。
忙しい曜日でも休みを頂けたりと本当に環境に恵まれていたと思います。
国家試験前日は夜もなかなか眠れないぐらい緊張しましたが、無事合格しました。
国家試験後は、「国試対策の勉強からは解放されて自分がやりたい勉強が出来る」と思い国試の翌日から専門書を読んでいて周りからは驚かれました。

経験は積んでいくが・・

転職もしながら整骨院での勤務を続け、院長を任せて貰えたりと色々と経験は積んでいきましたが臨床で色々と悩んだ時期でもありました。
当時は身体の歪みや身体の使い方などバイオメカニクスで考えていましたが、思うように改善しない方もいたのです。そもそも身体が歪んだり筋肉が硬くなると何故痛みが出るのかという答えが曖昧だったのです。
痛みに対してアプローチしているのに痛みのメカニズムについて良く分かっていない状態でした。

DNMとの出会い

独学で痛みについて勉強していくと、痛みのメカニズムについては分かってきましたが勉強していくと「徒手療法が介入する余地がないのでは?」と感じるようになりました。
そんな悩みを抱えていた時に、DNMという徒手療法について知りました。
DNMについて調べてみるとその理論は納得できるものであり、今の悩みを解決できるかもしれないと思いプライベートレッスンでの受講を決意しました。
PVレッスンで学んだことは今までの自分の概念をひっくり返すものでしたが、「あの時の患者さんはこういう事だったのか」と同時に納得できるものでした。
PVレッスンを修了してDNMJAPAN認定セラピストとなりました。

FRPインストラクターに

徒手療法はDNMで学び、エクササイズなどの運動についても学びたいと思いました。
色々と調べていると、FRP(ファンクショナルローラーピラティス)という、ストレッチポールを使ったピラティスと出会い講習を受けました。エクササイズを通して人の身体の動かし方というものを深く学べました。
認定試験に合格しFRPベーシックインストラクターとなりました。
セルフエクササイズの指導などに活用しています。

最後までお読みいただきありがとうございます。
今の業界に入ってから10年以上経ちますが色々な経験をしてきました。
今まで学んできたことを全て活かす施術をクライアント様に提供していきます。