当院ではDNMという手技療法を中心にした施術を提供しております。

DNMとはカナダの理学療法士であるDiane Jacobs氏が開発した手技療法です。
多くの手技療法は筋肉や関節、筋膜に着目しているのに対して
DNMは神経や皮膚を中心に着目しています。

日本では岩吉新氏がカナダへ渡航し、Diane氏からDNMを学びアジア人では初となるDNM指導者資格を与えられました。

私は岩吉氏からのプライベートレッスンを受講してDNMJAPAN認定セラピストとなりました。

何故皮膚や神経に着目しているのか?

筋肉や関節・筋膜などは全て神経で支配されており、神経からの命令で動いています。
よってそれらの組織の状態の良し悪しは神経が大きく関わっています。
そんな大切な神経に徒手で良い刺激を与えることで痛みを緩和したりなど、身体を良い状態へ行くように働きかけます。

皮膚にも多くの神経が関わっており、また皮膚は身体の中で唯一直接触れる部位です。
深層にある筋肉などへアプローチ際も必ず皮膚にも何だかの影響が出ています。
ならば、確実に触れて影響を与えられる皮膚を介して神経へアプローチして身体が良い方向へ向かうきっかけを与えるという考えです。

症例

肩こり 肩頚の痛み

頚と肩の痛み

鎖骨周りに分布している鎖骨上神経、肩甲骨に分布している肩甲上神経などにアプローチしていきます。
これらの神経は腕にまで分布しているため腕へのアプローチも有効です。腕周りへのアプローチで肩周りが良くなる理由の一つが頚肩周りの神経は腕にまで分布しているからです。

腰痛 腰の痛み

腰の痛み

背骨に分布している脊髄神経や殿部周りに分布している上殿皮神経、中殿皮神経にもアプローチしていきます。
腰痛では殿部へのアプローチで改善する事も多いですが、その理由として腰の神経は殿部にまで分布しており殿部を改善する事で神経を通じて腰も改善することがあるからです。

坐骨神経痛

坐骨神経痛

坐骨神経という腰から伸びている大きい神経が原因で脚まで痛みが出ていることからそう名付けられています。しかし、実際は殿部や脚には坐骨神経以外にも沢山の神経が分布しており、それらの神経から痛みが出ていることも多いです。ポピュラーな神経だけでなく、あまり知られていない神経にも着目してアプローチします。

DNMアプローチの動画