その痛みは坐骨神経痛?

坐骨神経痛 脚の痺れ 痛み

腰から大腿部などの脚にまで痛みや痺れのような感じがある場合は坐骨神経痛と判断されることが多いと思います。坐骨神経とは、腰椎から出ている脚の神経で臀部からもも裏などの脚を支配している神経です。
坐骨神経はかなり太い神経で目立ちその知名度の高さから腰から脚の痛みは坐骨神経痛と判断されることが多いと思います。
しかし、坐骨神経の支配領域のもも裏などにある神経は坐骨神経だけではありません。

後大腿皮神経 脚の痺れ 坐骨神経痛

もも裏を支配している神経は坐骨神経以外にも後大腿皮神経という皮神経があります。
仙骨から出ている神経の一つでもも裏だけでなく臀部の下の方も支配しています。
皮神経なので痛みを含めた感覚に関わっている神経です。
硬い椅子などに長時間座ると症状として出やすいのも坐骨神経痛と似ているので勘違いされやすいかもしれません。
坐骨神経痛など神経痛は一部の神経だけを取り上げられている印象ですが、神経は全身に細かく分布しているのでこういった有名ではない神経にも着目した方が良いと思います。

東大和デルモ整体ではこういったあまり知られていない神経にも着目して施術をしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。