乳酸菌は生きたまま届けなきゃダメ?

乳酸菌 腸内環境

腸内環境を整える方法として乳酸菌を摂取することを実施している方もいると思います。
そして乳酸菌は生きたまま腸に届く必要があるという意見があります。
しかし、食品などに含まれている乳酸菌はのほとんどは加熱調理や遺産で死滅しています。

それでは意味がないのかというとそうでもなく、死んでしまった乳酸菌は他の善玉菌の餌となり善玉菌を増やしてくれる効果があります。
またフェリカス菌のように加熱殺菌された方が効果を発揮する乳酸菌もあります。

なので生きたまま腸に届けなければいけないなどと難しく考えずに、継続して発酵食品を食べる事をお勧めします。

乳酸菌ではないのですが自分は納豆を定期的に食べています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。