辛い料理が癖になる理由

辛い料理 エンドルフィン 脳内物質 カプサイシン

自分もそうですが辛い料理が好きな方はいます。
何か癖になる感じがするのですよね。
これには脳科学的にも理由があります。

辛い料理を食べるとエンドルフィンという脳内物質が分泌されます。
エンドルフィンの働きは鎮痛作用や幸福感を感じさせるものです。
つまり辛い料理を食べると幸福感を感じるので癖になるとも考えられるわけです。
また、エンドルフィンの分泌はストレスの解消にもなるので辛い料理を食べることはストレス解消になっているのかもしれません。

辛い料理でエンドルフィンが分泌される理由ですが、唐辛子成分のカプサイシンが脳へ刺激を与えてエンドルフィンが分泌されると言われています。
辛味と痛みは紙一重なので、辛さの刺激を抑えるためにエンドルフィンが分泌されるという説があります。

寒い日になると温まるのでなおさら辛い料理が美味しくなりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。