神経に着目する訳

神経 痛み 整体

東大和デルモ整体では神経系に着目した施術を行なっています。
その理由の一つとして疼痛と神経系の関わり深さにあります。

専門的な話になりますが、疼痛の種類は
侵害受容性疼痛・神経障害性疼痛・非器質性疼痛
の大きく3つに分類されます。

侵害受容性疼痛

痛み 侵害受容性疼痛 怪我 捻挫 変形性関節症

自由神経終末という神経の一部が刺激されて起こる痛みで、分かりやすいのは捻挫などの怪我の痛みです。
また変形性関節症や火傷などもここに分類されます。
イメージしやすい疼痛だと思います。

神経障害性疼痛

痛み 神経障害性疼痛 ヘルニア 

簡単にいうと神経に何かダメージを受けた時におこる痛みです。
代表的なのはヘルニアによる神経の炎症痛みで、他には帯状疱疹による神経痛や糖尿病による神経障害など内科的な疾患も含まれます。
脊髄損傷後の痛みや脳卒中後の痛みなど脳や脊髄などの中枢神経が関わっている痛みもあります。

非器質性疼痛

痛み 非器質性疼痛 ストレス

怪我などは無く、日常でも痛みが出るような負担が身体に加わっている訳でもないのに痛みがあるのはこの分類になります。分かりやすく言えば心理的なストレスなどによる痛みなどです。
以前は心因性疼痛と呼ばれていましたが、心因性というものが脳のどこを示しているのかはっきりしないため現在では非器質性疼痛と変更されました。

上記のように3つに分類されます。
そしてこの3つの共通点は全て神経系が関わっているということです。

侵害受容性疼痛は自由神経終末という神経の一部。
神経障害性疼痛は神経系そのもののダメージ。
非器質性疼痛は中枢神経である脳


なので痛みと神経系は関わり深いものとなります。

なので、痛みを改善するには神経にどのような影響を与えているかなどに着目して施術していくことが有効となります。

東大和デルモ整体では、神経系に良い影響を与える事を目的としたDNMという施術で痛みの改善を行います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。