タバコと脳の関係

タバコ ニコチン 脳 集中力 悪影響

昔、知り合いの喫煙者に、「タバコを吸うと頭がスッキリして集中できる感じがする」という話を聞きました。
その理由として脳内物質の一つであるアセチルコリンが関わっています。
アセチルコリンは心臓を動かすなど生命維持に関わっていますが、脳では発想力や集中力に関わっています。
アセチルコリンが働くにはニコチン受容体という物質と結合する必要があります。

ニコチンと聞くとタバコの成分と同じ名前であることから察する方もいるかもしれませんが、タバコに含まれるニコチンはニコチン受容体と結合してアセチルコリンと同じような働きをします。
アセチルコリンと同じ働きをするので、脳では集中力に関わっています。
これがタバコを吸うと頭がハッキリした感じになる理由です。

タバコ 脳 集中力 

ここまで聞くとメリットだけしか感じないかもしれませんが、タバコを吸い続けてニコチンがアセチルコリンの代わりに働き続けると脳はアセチルコリンが充分にあると勘違いしてアセチルコリンの生成を抑えてしまいます。
こうなると体内で作られるアセチルコリンは少なくなるので外部からニコチンを摂取する必要が出てくるのですが、
ニコチンの効果はアセチルコリンと比べて短く30分ほどで半減してしまします。
つまりこまめに吸わないと集中力が維持できないのです。
タバコを吸うと集中力が上がるというより、タバコを吸うことで喫煙前の集中力を一時的に取り戻したと考えた方が良いでしょう。

タバコはあくまで嗜好品という認識で捉えた方が良さそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。