腰痛とインナーマッスル

腰痛

お腹のインナーマッスルが弱いから腰が痛いという説は大分広まっている気がします。
お腹のインナーマッスルとして挙げられるのは腹横筋という筋肉で、腰痛時に使うコルセットの役割をしているという説もあります。
要は、腰の安定性に大きく関わっているのですがこの筋肉が弱かったら確かに腰が不安定となって腰痛を引き起こしそうなイメージはあります。

腹筋 腰痛 改善

そもそも、腹横筋が弱いと腰痛になるというのは1996年の海外での研究報告の影響があると思います。
腹横筋が弱い人は腰痛になりやすく、腹横筋を鍛えたら腰痛が改善したので腰痛との関連性が高いという内容です。
しかし、2008年と2010年の研究では腹横筋が強い人の方が腰痛になっているという真逆の発表がありました。

これは1996年の研究が間違っていたとかでは無く腰痛の原因は人によって違う。腹横筋が弱くて腰痛の人もいればそうではない人もいるということです。
そもそも腰に関わる筋肉は腹横筋だけではないですし、筋肉意外にも神経や皮膚などもあります。
腰痛ではコレという考えではなく、一人一人きちんと調べていく必要があると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。